Entries

    南部統括者の契約(twitterログ)

    2013年08月18日(日)

    リリィはいつか二代目「真竜」として幻獣界南部を統括することになる だから七竜達を召喚する力を持っているわけで 召喚術を会得したのも真竜と契約を交わしたから、なんだよね 23:13:45




    そちの力を見込んで、頼みたいことがあるのじゃ。

    --頼みたいこと?

    わらわに代わり、二代目「真竜」としてこの地を統括して貰いたい。勿論、今すぐとは言わぬ。そう安安と死ぬつもりはないのでな

    --どうして、わたしが…?

    そちほどの魔力があれば、わらわの代わりもこなせるじゃろう。どうじゃ、引き受けてくれぬか

    --そうね、ここにはわたしの居場所はないし。でも、自信がないわ

    それなら心配せずとも良い、この土地をただ眺めておれば良いのじゃからな。三食昼寝付きじゃぞ?

    --…好条件なのかどうかは判断し難いけど

    む、そうか?なら…わらわの子をいつでも呼び出せる力を授けよう。そちの「研究」とやらに役立てることもできるじゃろう

    --どうしてそれを…

    ほほ、わらわを甘く見てもらっては困るのう。お見通しじゃ

    --…分かったわ。学長の役に立てる力が手に入るなら…

    そうかえ、そうかえ。これで一安心じゃ、礼を申すぞ。何、わらわも最期まで足掻いてやるつもりじゃ、この先5年以上は何としても生き抜いてみせる。それまでは自由に生きるとよかろ

    わらわの子は7人。7つの属性を活かし、そちの本来の力を引き出す役割も担うじゃろ。ちぃと扱いづらい者もおるが…そちなら大丈夫じゃと信じておる。わらわの命が尽きるその時は…また、そちを呼び出させてもらおうかの。

    --…なるべく、遅くにしてもらえると嬉しいわ

    ほほ、分かっておる。…さて、そちを地上界まで送らねばな。わらわはここから出られぬゆえ…そこのエルフに案内させようぞ。迷わぬよう、気をつけて帰るのじゃ

    --大丈夫よ、帰り道は覚えてるから

    頼もしいのう。それではな、リリスの子よ



    フェルシア「…リリィ?リリィ!心配したのよ、今までどこへ行ってたの…?」
    リリィ「…どこだろう、あんまりよく覚えてないわ…神隠しにでも遭ってたのかも」
    フェルシア「何言ってるのよ…。…でも、無事で良かったわ…ほら、帰りましょ」



    twitterにてつぶやいたリリィの裏話、真竜との会話。まだリリィが13歳くらいの時の話、かな。
    リリィはこのことを誰にも話していないため将来的には突然姿を消してしまう、ということになります。

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    カウンター

    プロフィール

    福島龍牙

    Author:福島龍牙
    ファンタジー大好き。悪魔とかドラゴンとか獣とか色々好物。
    ツンデレヤンデレ最愛。元気っ娘も好き。男勝りもいいよね。
    おにゃのこばかり愛でるせいか男性を描くのは苦手だったり。
    あいことばは「きーちゃんきぃきぃ」!

    カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    twitter

    相互

    空想世界。side.S
    管理人:鬼槌珠煉殿
    月下氷光
    管理人:セイカ殿

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR